2014/01/10

英語スラング・略語としての 4 の意味


スポンサードリンク

4 = For
英語スラングとして、数字の 4 は、前置詞 for の代用としてよく使用される。
4 (four) と for で発音が同じことから、代用されるようになった。

チャットやネトゲでよく使用される。

前置詞としての for は、「~のために、~に対して、~に向かって、~にとって」など幅広い意味を持つ。

単独で for の代用として使われるほか、G4U B4N など、頭字語の一部としても使用される。
G4U = Good For You 「よかったね」、「おめでとう」、「さすが」
B4N = Bye For Now 「じゃあね」、「またね」


例文
Thanks 4 ur support!
= Thanks for your support!
支援ありがとう!

What can I do 4 u?
何かできることある?

May you have good luck 4ever.
あなたが一生幸運にめぐまれますように!
4ever = forever


4 = A
また、上記の用法の他に、リートスピーク(文字遊び・ハッカー語)の用法として、4 はアルファベットの A の代用として使われることもある。4 と A は外見が似ているため

リートスピークとは、アルファベットを姿や音が似た別の文字・数字・記号に置き換えたもの。文字遊びの一種。

例えば leetspeak(リートスピーク)という単語は、リートスピークで書くと、!337$p34k となる。


関連記事
英語スラング・略語として使用される数字



スポンサードリンク