2017/11/27

宮﨑駿が言ったとされるミーム「Anime Was a Mistake」の意味と元ネタ


スポンサードリンク
意味
Anime was a mistake とは「アニメは間違いだった」の意味であり、英語圏のネットでよく使用されるネットミーム(ネットの流行語)である。


元ネタ
宮﨑駿監督が日本のアニメ業界やオタク文化に批判的なのは海外でもよく知られており、彼のそういう発言はよく海外でもネタになっていた。

日本のアニメはオタクの巣

そんな中、2015年にとある Tumblr ユーザーが後にネットミームとなる"Anime was a mistake"というセリフ字幕を含んだ画像を投稿する。

アニメは間違いだった。ゴミ以外の何ものでもない。

オタクと称する人たちには心底吐き気がする。

この画像は、2013年に公開されたスタジオジブリを題材にしたドキュメンタリー映画「夢と狂気の王国」の映像に、この Tumblr ユーザーがいかにも宮﨑駿が言いそうなセリフを勝手に考えて付けたものである。

つまり、実際は、この映像の中では宮崎監督はこの発言はしてはいないのだが、いかにも宮﨑駿が言いそうな発言であることや、断定調でスッパリ言い切ってて痛快なところや、アニメやオタクをクソミソにけなしてて面白いところや、anime の部分を他の言葉に変えて使うのに便利なところなど、いろいろな理由からネット民にウケて広まっていき、ネットミーム(ネットのおもしろ流行ネタ)化していった。

コスプレまで登場


使い方
アニメファンをバカにしたり挑発するのに利用したり、アニメなんかに夢中になってる自分を自虐するときに使用したり、anime の部分を他の言葉に変えてそれを茶化したり風刺したりするのに使う。


使用例
人類は間違いだった。 神
資本主義は間違いだった。 アダム・スミス
4chanは間違いだった。 ムート(4chan創設者)
アメリカは間違いだった。 トーマス・ジェファーソン
聲の形は間違いだった。山田尚子(京アニ制作ということで期待の高かった同映画が同じ時期に公開された「君の名は」に惨敗したことを皮肉る画像)

参考元: Know Your Meme


スポンサードリンク