2016/04/22

welp の意味・用法・例文


スポンサードリンク
welpとは


意味・使い方
welpwell のスラング。この場合の well は、「えっと、うーん、さて、やれやれ」など、主に話のつなぎに使用される間投詞。

welp は主に何を言ったらいいかわからなくてちょっと困ってるときや、もうこれ以上話すことはないけど何か言わないといけないときちょっと言いづらいようなことを言おうとするとき軽いあきらめを感じてちょっと言葉がでないとき、などの場のつなぎとしてよく使用される。日本語で言えば、「えっと、うーん、ううーん、うん、まぁ」などのような意味になる。

また、上記のような軽い困惑やあきらめなどの感情はなく、ただ単にニュートラルな軽いつなぎ言葉としても使用される。「よし、まぁ、うん」などの意味。他にも、「いやー、おやおや、やれやれ、あーあ」など驚きやためらいをあらわしたりと、元の well と同様いろんな場面で使用される。


発音・スペル
カタカナで書くと発音は「ウェルプ」だが、最後の p はほぼ発音されない。ただし、唇は p の発音のために閉じた状態になる。

yes が yep となったり、no が nope となるように、スラング化すると語尾に p がつくことがある。また、wellpwhelp などと綴られることもある。


例文
Welp, I guess what's done is done. Let's just try harder next time.
うーん、まぁ終わったことはしょうがないし、次はもっとがんばろうぜ。

Welp, I guess I need to do it myself.
うーん、どうやらオレが自分でやるしかないみたいだな。

Welp, g2g. TTYL!
よし、じゃあもう行くわ。またな!


スポンサードリンク